粟田焼 京薩摩 小川
kyo-satsuma & awata ware, ogawayozan pottary since 1919



 ホーム  粟田焼の歴史  ギャラリー  取り扱い店舗  アクセス  リンク  メール





小川与山は大正8年(1919年)初代与山(小川與十郎)によって
京都泉涌寺地区に開窯しました。
以降現在に至るまで自家ブレンドによる粟田土による製作を
続けております。

粟田焼特有の淡い乳白色と細密な貫入、熟練職人による
繊細で上品な上絵 及び金彩により割烹食器、茶道具、
香道具にご利用いただいております。
また 飾り壷や額皿は京薩摩(satsuma ware)として欧米の
収集家から注目され 来日される観光客の皆様から好評を
いただいております。

唯一の京薩摩製作者として2代目与山(由雄)は京都府より
伝統産業優秀技術者(京の名工)を受賞しました。
また 伝統産業後継者に3代目与山(由嗣)が選ばれています。


ご用命につきましては取り扱い店舗をご利用ください。
また お問い合わせはメール、電話またはFAXにてお受け
しております。
        
                          株式会社 小川与山




Copyright (C) 2000-2010 ogawayozan All Right Reserved.