鳥の彫刻

ー日本の野鳥の飛翔姿ー

森岡茂樹


English

まえおき

 定年まで大学に勤め、応用力学を専門分野として、教育・研究に携わって来ました。  定年後、幼い頃から憧れていた美の世界を訪ね、また、自然の動的な形態美を捉えた彫刻に 挑戦してみようと思い立ちました。 かってNASA エームズ研究所やパリY大学に滞在していた とき、これらの国々の自由と創造を尊重する国民性や社会的風土に接し、模倣に頼りがちな、 またそれに無神経になっていた日本人として考え直すところがありました。

 ゼロからの出発、限られた時間、体力の衰え、今日までやって来たこととの整合性など、 そのとき課せられていた条件を考慮して、自然の動的な形態美として日本の野鳥の飛翔姿に 焦点を絞り、飛翔の力学を考慮したCG法に準じた設計図 の作成、多価・多尺度・多層曲面構造体としての表現、形(形態形成)の科学、色彩(絵の具)の 科学や光学を考慮した彫刻や彩色、さらに、やがて実現するであろうこれら工程のデジタル化へ の移行をも視野に入れて、自然の中の美、そして、その美の中の真実を追究し、それを表現して みようと考えました。 

 具体的には、日本で見られる野鳥の代表的な、条件の異なる飛翔姿20態を選び、それらの 作品1号を制作することでした。 小さな時間尺度で捉えられる、それぞれの野鳥に固有な翼や 羽の大きさ・形状・構造にも関係した、それぞれの野鳥に特有な飛翔方法を特徴づける飛翔場面 を表現することでした。 1態の制作に平均3ヶ月かかるとして、5年が必要であると予想されました。  それに続き、その間に向上するであろう野鳥に関する知識や制作の技術によって、作品1号を 修正・改善し、作品2号・・・を制作することでした。 新しい飛翔姿を追加することも考えられました。

 最初に選んだ20態は次の通りです:
@ トビの帆翔(局地的上昇気流利用)
A ノスリのハンギング(斜面上昇気流利用)
B アホウドリの帆翔(海上風境界層利用)
C カワセミの急降下(短腕扇翼)
D ハヤブサの急降下(短腕尖翼)
E タンチョウの羽ばたき飛翔(1点ヒンジの羽ばたき)
F ダイサギの羽ばたき飛翔(2点ヒンジの羽ばたき)
G レースバトの羽ばたき飛翔(引き上げ-後ろ払い)
H セグロセキレイの羽ばたき飛翔(バウンディング飛行/羽ばたき加速)
I ツバメのスラローム
J スズメのホバリング
K ヒバリのホバリング/垂直上昇
L コハクチョウの離水(助走)
M マガモの離水(助走なし)
N キジバトの離陸(助走なし/緊急)
O キジの垂直離陸
P コチョウゲンボウの離陸(風に向かう足蹴り)
Q カルガモの(パラシュート)着水
R モズの(投げ上げ)着陸
S ウミスズメの水中飛翔

これらの飛翔姿の野鳥は、力学的観点からだけでなく、多価・多尺度・多層曲面構造体としての表現、 形や色彩の科学の観点からも興味のある例と考えられます。

 鳥の飛翔姿の表現で、一般に自然の動的な形態美の表現で、力学を無視することはできません。  力学的に理想的な姿形が最も自然で美しく感じられると言われています。 しかし、鳥の飛翔の力学の 問題を正確に解くことは非常に難しく、従って、鳥の飛翔の力学的な説明は、まだかなり定性的なもの であると言わざるを得ません。 補足では、むかし学習した力学 を思い出しながら、鳥の飛翔に関連した力学の問題の中から重要と思われる話題を取り上げ、飛翔姿 の鳥の彫刻をそれらの例に用いて、簡潔にわかりやすく説明してみたいと考えています。 実際に、 鳥の飛翔姿は、長さ・時間の尺度に関して多重構造をもつ複雑系として、現代の力学の視点から興味 ある題材です。

 日本には、橿原市の四条遺跡の円墳からほぼ完全な形で出土した鳥の形の木製品(6世紀 前半)、宇治市の平等院の鳳凰堂大棟上にある一対の鳳凰(1053)、鹿苑寺金閣(1398)や 慈照寺銀閣(1489)の棟上のそれら、日光東照宮陽明門袖垣・回廊の外壁を構成している鳥達と それらの添景の透かし彫り(1646)など、古くから、(美術工芸としての)飛翔姿の鳥の彫刻は多く、 それらには驚くべき美の中の真実が表現されています。 これについても適当なところで触れてみたい と思っています。

 実際には、資料の収集やわからないことの解決に予想以上に時間が掛かり、また、途中で、 本の編集や執筆など、他の仕事にも時間を費やしたため、予定よりかなりの遅れが出ています。  私は、進捗の速さに変化はあるにせよ、思考や技が発展している限り、最高の作品なぞ有り得ないと 思っていますが、ある時点で、これまでの成果を振り返り、整理・記録し、また公表して多くの方々の ご意見を伺うことは必要なことだと思っています。 1995年4月にスタートしてから10年が経過した 時点で、それを実行したのがこのホームページ(改訂版)です. これに続く 第2ステージは、 新しいホームページ で紹介して行きたいと考えています。

次へ
第2ステージへ
第3ステージへ
「鳥の飛翔とは何たるか」を手っ取り早く知りたい方は こちらへ