(有)たけ設備工業 本文へジャンプ
豆  知  識

給水管凍結防止及び凍結した時の対処法

日々寒くなってきました。この時期から来年の2月末ぐらいまでは、
給水管の凍結が起こる可能性が高くなります。
凍結によっては漏水やパイプの破損など様々なトラブルが発生します。
そうならない為に、これから凍結防止の方法、凍結した場合の対処法を
記載しますので、今後役立てて頂けたらと思います。


T、給水管の寒さによる凍結

給水管が凍結する条件は
@気温が−4℃以下になった時
A給水管が風通しの良い場所に露出配管されている時

が主な理由です。
家の壁の中や、地中埋設されている給水管は凍結することほぼありません。
ただ基礎の換気口のところに配管されている場合は凍結する可能性はあります。
我々設備業者は凍結しないように必ずそういった場所に配管する場合は、
凍結防止材を施工します。ただそれでも凍結することはありますのでご理解を
いただくことを併せてお願いします。


U、給水管の凍結防止

給水管の凍結防止法はいろいろあります。
@夜中に蛇口から水を少量出す
A凍結防止材を施工する
B給水管に風が当たらないようにする
といったのが主な凍結防止法です。
あくまでこれは露出配管されている場合であって、先に書いたように壁の中や
地中埋設されている給水管は凍結しませんので、安心していただいてかまいません。


V、凍結した場合の対処法

給水管が凍結した場合の対処法を記載する前にお施主様に知って頂きたい事があります。
@無理に蛇口をひねらない
A熱湯を凍結した部分にかけない

@の理由は蛇口が凍結した時は、蛇口の中のパッキンも一緒に凍結しています。
ですから、無理に蛇口をひねるとパッキンが破損してしまう可能性があります。
パッキンが破損しますと、その蛇口はもう水を止めることが不可能になります。

Aの理由は蛇口は金属で出来ていますが熱湯をかけるとガラスコップと同じように
破損する場合がございます。破損しますと@と同様水を止めることは不可能となります。

ではどうすることが一番早く対処ができて水が出せるのか?
そんなに難しい事ではありません。人は早く水を出したいのですぐに凍っている水を
溶かしたいと思いがちです。しかし給水管の凍結にはそれは間違いで、徐々に溶かして
いくことが一番の近道なのです。簡単に言うと、『急がば回れ』です。

その方法とは?
@ドライヤーなどの温風を凍結した部分にあてる
Aカイロなどの低温の暖房部材を凍結した部分にあてる
これが一番の凍結の解消法です。

すぐに水が必要でないのであれば、気温が上がってお昼頃には凍った水が溶けて、
水が出るようになるので焦る必要は全くありません。当社にご連絡頂ければ対処致しますが
なにゆえ費用がかかることになりますので、一度上記させて頂いた事を試されることをお薦めします。


W、凍結によって蛇口、給水管が破損した場合

蛇口、給水管が破損した場合は、速やかに当社又はお近くの設備業者、管轄の水道局に
ご連絡ください。当社に関しましては早急に対応させて頂くようにしますが、凍結漏水は、
同時に発生しますので、現場が重なってお時間をいただく場合がございます。
どうしても早急な対処をご希望される場合は、上記しましたご近所の設備業者、管轄の
水道局にご連絡ください。

それと凍結漏水は水が勢いよく噴き出します。蛇口を全開に開いた状況と同じですから、
業者が到着するまで水を止める方法は、蛇口がつながっている近くのバルブを閉めるか
水道メーターBOX内にあるバルブを閉めると止まりますので、バルブを閉める前に、
バケツに水を汲んでからバルブを閉めてください。


このT〜Wが給水管の凍結の防止及び対処法です。
他にまだ何かありましたら、電話・FAX・メールなどでお問い合わせください。