私達は千年も前に存在した寺院の夢の後に残された礎石を今に蘇らせるべく、美術的、歴史的に探求しております。
 茶道の庭、露地が出来た頃から古い石造美術品が庭に流用されてまいりました。蹲い、貴人石、にじり石、飛び石、景石にと大変大切にされてまいりました。昔から花崗岩はとても貴重な物でした。たいした道具も無い中、無駄のない形に仕上げ、平城京で使った礎石を平安京まで運んで来て使ていました。
 より多くの人に、礎石(伽藍)のすばらしさを解って頂けたらと思います。
平安時代
           

このホームページに関するご意見、ご感想をお待ちしております